「 FXで稼ぐ 」 一覧

FXのトレードシナリオの作り方

2013/05/05 | FXで稼ぐ

ここでは、トレードシナリオの作り方の例を紹介したいと思います。 FXの実際のトレードは難しく、過去チャートをいくら検証しても、いざ実際に今リアルタイムで動いているレートを見ると、頭が真っ白になっ

続きを見る

FXの指標トレードを逆指値で行う

2013/05/05 | FXで稼ぐ

指標トレードを逆指値で行うと、うまくできます。 指標トレードは、指標発表時にレートが大きく動くので、指標発表時のレートの大きな上下を狙ってトレードをしますが、このときに、成行でエントリーする方法

続きを見る

FXの指標トレードに挑戦する

2013/05/05 | FXで稼ぐ

指標トレードに挑戦するのにいい方法があります。 指標トレードとは、経済指標発表時に、レートが大きく動くときに、トレードをすることですが、指標トレードだけで、毎月プラス収益を出している、指標マスタ

続きを見る

FXのチャート検証では分析指標を使わない

2013/05/05 | FXで稼ぐ

過去チャートの検証をする際には、分析指標を使わないで検証しないといけません。 過去チャートを分析して、勝率が6割以上のエントリーポイントを探すことで、自分のエントリーパターンを作ることができます

続きを見る

FXのチャート検証で高確率パターンを探す

2013/05/05 | FXで稼ぐ

チャート検証で高確率なパターンを探すことで、勝てるようになります。 チャート検証は、過去のチャート見て、その過去チャート中で、エントリーしたら高い確率で利益が出るエントリーパターンを見つけること

続きを見る

FXのポジションの決済は次のラインを目標に

2013/05/05 | FXで稼ぐ

決済をする際には、次のレジスタンスラインやサポートラインを目標にしましょう。 例えば、デイトレードで、ロングエントリーをしたら、1時間足で引いたレジスタンスラインまで上昇しない限り、決済はしない

続きを見る

FXでエントリーの際に複数の要因を確認する

2013/05/04 | FXで稼ぐ

FXでは、エントリーの際に複数の要因からエントリーサインを得る方法があります。 例えば、順張りの上昇トレンドフォローを狙う際に、一度上昇から下降して、もう一度反発上昇をして、前回の高値をブレイク

続きを見る

FXでのエントリーは順張りのトレンドフォローで

2013/05/04 | FXで稼ぐ

FXのエントリーのタイミングは様々ですが、最初、FX初心者のうちは、順張りのトレンドフォローだけを狙ったほうが、勝ちやすいと思います。 順張りのトレンドフォローとは、順張りは、上昇トレンドで、ロ

続きを見る

FXで画面を分割してチャートを見る

2013/05/04 | FXで稼ぐ

画面を分割してチャートを見ると、各時間足を一目で見ることができて大変見やすいです。 デイトレードで、チャートを見る際に、1時間足だけを見ないで、大きな時間足を一緒に見たほうが相場の流れが分かりや

続きを見る

FXでは日足からラインを引いていく

2013/05/04 | FXで稼ぐ

チャートにラインを引くときに、日足から線を引いていくようにしたほうがよいです。 チャートに線を引くときに、デイトレードであれば、1時間足などに線を引くと思いますし、スイングトレードであれば、4時

続きを見る

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

no image
FXで勝てない人におすすめの教材や副業の内容が凄い

FXを独学で勉強されている方は多いかと思いますが、独学でFXを勉強して

no image
ビクトリーメソッドアドバンスは勝てないのか

「FXで毎月1000pips獲得できたらどんなにいいだろう」。そん

no image
韓国産業銀行の評判はどうなる-非金融子会社91個を3年以内に速やかに売却

韓国産業銀行の評判はどうなる? 産業銀行が政策目的で株式の15%

no image
仕事を引退した後の時間を算出してみた結果

仕事を引退した後の時間を算出してみた結果が出ている。60歳平均余命(現

no image
ユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上

ユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上している。グロ

no image
銀行連合会がマイナス貸出金利を公示

銀行連合会がマイナス貸出金利を公示したが、一ヶ月が過ぎた中で韓国シティ

no image
ドルの対ユーロ高が利益を実現売上

・ドルの対ユーロ高 ニューヨーク金価格は、米ドルがユーロに強気を

→もっと見る

  • ディーエムエム証券は業界ナンバーワン
PAGE TOP ↑