為替相場チャート分析

公開日: : 最終更新日:2014/07/26 FXのテクニカル手法

「FXのテクニカル手法」の記事一覧ページです。

ローソク足、トレンドライン、レジスタンスレイン、サポートラインなど、様々なテクニカル分析のなどを紹介しています。

テクニカル分析は、大変重要ですので、是非ご覧になってください。

  • ローソク足で色々なことが分かる
  • ローソク足でレートの動きが分かります。

  • ローソク足の組み合わせで色々なことが分かる
  • ローソク足は、FX市場の色々なことが分かる指標です。

  • ローソク足の窓
  • ローソク足に窓があくことがあります。

  • ローソク足の種類は様々
  • ローソク足の種類には様々あります。

  • ローソク足のヒゲや坊主など
  • ローソク足には、ヒゲや坊主などといったものがあります。

  • ローソク足の小陽線、小陰線、十字線について
  • ローソク足には、小陽線、小陰線、十字線などがあります。

  • 平均足でトレンドを分かりやすくする
  • 平均足は、トレンドを視覚的に分かりやすくするテクニカル指標です。

  • 平均足をメタトレーダーに表示さす方法
  • 平均足を、メタトレーダー4(MT4)に表示さす方法を紹介します。

  • 平均足のヒゲに注目してみる
  • 平均足のヒゲに注目してみると、トレンドの把握に使えます。

  • 練行足は分かりやすい非時系列チャート
  • 練行足はエントリーサインが分かりやすい、非時系列チャート。

  • テクニカル分析でトレード
  • テクニカル分析には、大変多くの指標が存在します。

  • ボラティリティが大きいときが狙い目
  • ボラティリティが大きいときが狙い目となります。

  • もみ合い(レンジ相場)ではトレードしない
  • レンジ相場では、トレードしないほうがよい。

  • トレンドを掴んで流れに乗る
  • トレンドを掴んで流れに乗ることが大事です。

  • トレンドの転換を判断するには
  • 前回の高値や安値を目安に、転換を判断。

  • 支持線と抵抗線が大事
  • 支持線と抵抗線を分析しておくことが大事です。

  • トレンドラインを引いてみましょう
  • トレンドラインの引きかた。

  • トレンドラインで売り買いと損切り
  • トレンドラインを使って、売り買いと損切りをすることも可能です。。

  • トレンラインと平行に線を引く
  • 平行に線を引くと、決済のときの目安になります。

  • ダブルトップとダブルボトム
  • チャート上のローソク足の値動きの形のパターン。

  • ヘッドアンドショルダーで天井
  • ヘッドアンドショルダーが、天井や底値を示します。

  • ペナントとフラッグでブレイク狙い
  • ペナントやフラッグでのブレイク狙い。

  • 移動平均線は多くの人に使われている
  • FXで代表的な分析ツールです。

  • 色々使える移動平均線
  • 移動平均線は、色々な場面で使えるテクニカル指標です。

  • グランビルの法則でエントリー
  • 8つのエントリーポイントを提唱した法則です。

  • グランビルの法則の勝てる見かた
  • グランビルの法則で、勝てるようになる見かたについて。

  • 移動平均乖離率で逆張りトレード
  • 移動平均乖離率は、逆張りが好きなトレーダーのためのオシレーター。

  • ボリンジャーバンドは使うべき指標
  • 多くのトレーダーが使用している、テクニカル指標。

  • ボリンジャーバンドは統計学指標
  • ボリンジャーバンドは使える統計学指標。

  • 柾木利彦氏開発のスーパーボリンジャーバンド
  • スーパーボリンジャーバンドは、柾木利彦さんが開発した相場分析指標。

  • ボリンジャーに似ているケルトナーチャネル
  • ケルトナーチャネルは、ボリンジャーに見た目が似ているテクニカル指標。

  • 柾木利彦氏開発のスパンモデルとは?
  • 柾木利彦さんが開発した、スパンモデルというテクニカル指標を紹介。

  • エンベロープは逆張り指標
  • 逆張りの際に使うことの多いテクニカル指標。

  • パラボリックで大きなトレンドを見る
  • パラボリックは、大きなトレンドを見るのに適した分析指標。

  • 一目均衡表は日本人が開発
  • 一目均衡表は、日本人が開発したテクニカル指標

  • 雲がよく使われている一目均衡表
  • 雲がよく使われている、一目均衡表について紹介します。

  • HLバンドは順張りと逆張りが可能
  • HLバンドは順張りと逆張りが可能な、テクニカル指標です。

  • MACDで売買シグナルを掴む
  • 2本の線でシグナルを掴むテクニカル指標。

  • ストキャスティックスはレンジ相場に強い
  • レンジ相場に強いテクニカル指標。

  • 分かりやすいオーサムオシレーター
  • オーサムオシレーターは、初心者にも分かりやすいオシレーター。

  • DMIはトレンドの強さが分かる
  • トレンドの強さが分かるテクニカル指標になります。

  • フィボナッチリトレースメントはフィボナッチ数列
  • イタリアの数学者が発見した、フィボナッチ数列。

  • ポイント&フィギュアは○と×
  • ○と×で作る、少し変わったチャート。

  • よく止まるピボット
  • よく止まるテクニカル指標と言われています。

  • フィボナッチ理論のフィボナッチピボット
  • フィボナッチ理論を取り入れた、フィボナッチピボットについて紹介。

  • 黄金比率フィボナッチファン
  • 黄金比率を使った、フィボナッチファン。

  • モメンタムは行き過ぎが分かる
  • 相場の行き過ぎが分かるテクニカル指標。

  • RSIで反転を読む
  • 相場の反転を読む際に有効なオシレーター。

  • ROCはモメンタムの改良版
  • 順張りトレードや逆張りトレードで力を発揮します。

  • サイコロジカルラインは投資家心理
  • 投資家の心理を映し出す、逆張りオシレーター。

  • CMOは買われすぎ売られすぎが分かる
  • CMOは、買われすぎ売られすぎが分かるインジケーター。

  • ウィリアムズ%Rはレンジに強い
  • ウィリアムズ%Rは、レンジ相場に強いオシレーター。

  • RCIは時間と価格の指数
  • 価格の指数の総体関係を、指数として表わします。

  • RCIを3本表示させてトレードをする
  • RCIを3本表示させてトレードをする方法があります。

  • 逆張りにラリーウィリアムズの%R
  • ラリーウィリアムズが作った、テクニカル指標。

  • 究極のアルティメットオシレーター
  • アルティメットオシレーターは、究極の名がつけられたオシレーター。

  • OBVでトレンドを判断
  • トレンドの発生を、一目で判断できる指標。

  • CCIは順張りが基本
  • 順張りで使うと、優れた能力を発揮。

  • アルーンインディケーターでトレンドを探る
  • アルーンインディケーターで、トレンドや転換点などを分析できます。

  • DPOは逆張りに強いオシレーター
  • DPOは、逆張りに強く直近の相場分析に特化しています。

  • RVIはRSIの応用版オシレーター
  • RVIは、相場のボラティリティの大小を分析する分析指標。

  • マネーフローインデックスはアメリカで人気
  • アメリカで人気のある、オシレーター指標。

  • 強弱レシオは専門家に人気の指標
  • 強弱レシオは、その道の専門家に人気のオシレーター指標。

  • 新値足は非時系列チャート
  • トレンドの判断や転換などを見ることができます。

  • カギ足は線の屈折で値幅を表します
  • カギ足は、線の屈折で値幅を表わすテクニカル指標になります。

  • ペンタゴンチャートは黄金比率
  • 黄金比率を使った、五角形のチャート分析指標。

  • エリオット波動分析はサイクル理論
  • サイクル理論を用いて、相場を予想、分析。

  • クソポジチェッカー使い方や見方について
  • クソポジチェッカーという面白い名前の指標。

    酒田五法

    (酒田五法のパターンには窓がありますが、FXの場合には窓は無視して考えて下さい)

  • 酒田五法という江戸時代の手法
  • 酒田五法という江戸時代の手法があります。

  • 酒田五法の底と天井
  • 酒田五法には、底と天井のサインがあります。

  • 酒田五法の三空三兵三法
  • 酒田五法の三空、三兵、三法について。

  • 放れ七手の変化底と連続下げ三手放れ三ツ星
  • 放れ七手の変化底と連続下げ三手放れ三ツ星を紹介します。

  • 放れ五手黒一本底と鍋底
  • 放れ五手黒一本底と鍋底を紹介します。

  • 三手大黒線と二本の差し込み線
  • 三手大黒線と二本の差し込み線を紹介します。

  • 捨て子線(高値寄り)と最後の抱き線(下降)
  • 捨て子線(高値寄り)と最後の抱き線を紹介します。

  • 陰の陰はらみと二つ星・三つ星(上げ相場)
  • 陰の陰はらみと二つ星・三つ星を紹介します。

  • 押え込み線とカブセ線の上抜き
  • 押え込み線とカブセ線の上抜きについて紹介します。

  • 差し込み線(上げ相場)と上げ三法
  • 差し込み線(上げ相場)と上げ三法について紹介します。

  • 小幅上放れ黒線と上放れの並び赤
  • 小幅上放れ黒線と上放れの並び赤を紹介します。

  • 上放れタスキと上値遊び
  • 上放れタスキと上値遊びを紹介します。

  • バケ線と下放れ二本黒
  • バケ線と下放れ二本黒を紹介します。

  • 捨て子線(安値寄り)と二つ星・三つ星(下げ)
  • 捨て子線(安値寄り)と二つ星・三つ星(下げ)を紹介します。

  • 下げ三法と入り首、アテ線
  • 下げ三法と入り首、アテ線を紹介します。

  • 下放れの並び赤と下放れタスキ
  • 下放れの並び赤と下放れタスキを紹介します。

  • 下値遊びと三羽烏
  • 下値遊びと三羽烏を紹介します。

  • 首吊り線と団子天井
  • 首吊り線と団子天井を紹介します。

  • ツタイの打ち返しと下げ足のカブセ
  • ツタイの打ち返しと下げ足のカブセを紹介します。

  • 三手放れ寄せ線と捨て子線(上げ)
  • 三手放れ寄せ線と捨て子線(上げ)を紹介します。

  • 最後の抱き線(上げ)と陽の陽はらみ
  • 最後の抱き線(上げ)と陽の陽はらみを紹介します。


    おすすめはこちらDMM証券はスプレッドが狭い!



    スポンサーリンク



    スポンサーリンク



    続けて読んでおきたい

    ビクトリーメソッドアドバンスは勝てないのか
    ドラゴンストラジーFXの評判


     


    関連記事

    モニターの画像

    小幅上放れ黒線と上放れの並び赤のチャートパターン

    小幅上放れ黒線と上放れの並び赤を紹介します。 「小幅上放れ黒線」は、安い水準での、値幅の小さい

    記事を読む

    パソコンに向かう人の画像

    ローソク足の組み合わせで色々なことが分かる

    ローソク足は、FX市場の色々なことが分かる指標です。 ローソク足が作られる際には、始値という、

    記事を読む

    モニターの画像

    為替のエリオット波動分析はサイクル理論

    エリオット波動分析は、サイクル理論を用いて、相場を予想、分析するテクニカル分析手法になります。

    記事を読む

    モニターの画像

    FXのエンベロープは逆張り指標

    エンベロープは、逆張りの際に使うことの多いテクニカル指標になります。 逆張りとは、上昇トレンド

    記事を読む

    モニターの画像

    FXのグランビルの法則でエントリー

    グランビルの法則は、移動平均線を使って、8つのエントリーポイントを提唱した法則です。 グランビ

    記事を読む

    モニターの画像

    下放れタスキとは?

    ここでは、下放れタスキを紹介します。 「下放れタスキ」は、上放れタスキと上値遊びの記事で紹介し

    記事を読む

    モニターの画像

    FXのスーパーボリンジャーバンドの使い方

    スーパーボリンジャーバンドは、FX界の大物、マーフィーこと柾木利彦さんが開発した、相場分析指標でスパ

    記事を読む

    モニターの画像

    マーフィー開発のスパンモデルとは?

    FX界の大物、マーフィーこと柾木利彦さんが開発した、スパンモデルというテクニカル指標を紹介します。

    記事を読む

    モニターの画像

    為替で雲がよく使われている一目均衡表

    雲がよく使われている、一目均衡表について紹介します。 一目均衡表は、日本人が開発したテクニカル

    記事を読む

    モニターの画像

    パラボリックのシグナルで大きなトレンドを見る

    パラボリックは、大きなトレンドを見るのに適した、トレンド系テクニカル分析指標です。 パラボリッ

    記事を読む

    スポンサーリンク



    スポンサーリンク

    スポンサーリンク



    スポンサーリンク

    no image
    FXで勝てない人におすすめの教材や副業の内容が凄い

    FXを独学で勉強されている方は多いかと思いますが、独学でFXを勉強して

    no image
    ビクトリーメソッドアドバンスは勝てないのか

    「FXで毎月1000pips獲得できたらどんなにいいだろう」。そん

    no image
    韓国産業銀行の評判はどうなる-非金融子会社91個を3年以内に速やかに売却

    韓国産業銀行の評判はどうなる? 産業銀行が政策目的で株式の15%

    no image
    仕事を引退した後の時間を算出してみた結果

    仕事を引退した後の時間を算出してみた結果が出ている。60歳平均余命(現

    no image
    ユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上

    ユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上している。グロ

    no image
    銀行連合会がマイナス貸出金利を公示

    銀行連合会がマイナス貸出金利を公示したが、一ヶ月が過ぎた中で韓国シティ

    no image
    ドルの対ユーロ高が利益を実現売上

    ・ドルの対ユーロ高 ニューヨーク金価格は、米ドルがユーロに強気を

    →もっと見る

    • ディーエムエム証券は業界ナンバーワン
    PAGE TOP ↑