OPECの減産合意霧散に触発された国際原油価格急落

公開日: : 最終更新日:2015/10/10 外国為替情報

米国債市場は、先週、石油輸出国機構(OPEC)の減産合意霧散に触発された国際原油価格急落がどのような波長を運転してくるかに関心が集中されると予想される。4年ぶりの最低値に落ちた原油価格の下落傾向は、グローバルデフレ懸念を深めて、米国連邦準備制度(Fed·FRBは)の金利正常化計画にも影響を与える「ゲームチェンジャー」(game changer·構図が変わる根本的契機)になる可能性を抱いているからである。米国債金利は、先週出てきた経済指標が概ね不振を見せた中で、原油価格が週単位で10%以上暴落した影響で大きく低下した。指標物である10年物金利は2.168 %とした週の間14.3bp下落し、11月に入ってバクスグォン下部の役割をしてきた2.27%を突き抜けて下がった。30年物金利は2.894%で12.4bp下落し、5年物金利は1.484%で12.5bp押された。先週は収穫祭で取引閑散たうえ月末の国債買いが流入したことを考慮すると、今週初めには、金利反発の流れが出てくる可能性もある。しかし、根本的に供給過剰が原因である原油価格の下落傾向が短期間に終わる事案ではないという点で、原油価格が国債金利への影響は続くと予想される。原油価格の下落に米国経済の70%を占める消費がより上昇している場合の金利に上昇圧力をかけることもできますが、これは長期的に見守らなければならない問題なので、すぐに原油価格の下落は、金利に下方圧力をかける材料として認識される公算が大きい。また、原油価格の下落は、これまで米国の景気回復に貢献してきたシェールガス産業の投資と雇用縮小につながることができるという点で、米国の実体経済にひたすら良いものではない。

デイトレで会員が平均月収500万円をたたき出す、マックス村井のトレーダー育成プロジェクトはこちら

全体のリスク資産市場を振ることができない

一部では、原油価格の下落にエネルギー企業が発行したジャンクボンド(投資不適格等級債券)で売りが溢れ出て、全体のリスク資産市場を振ることができないという懸念も提起している。その原油価格と関連して、何よりも注目すべき部分は、グローバルデフレの深化の可能性である。デフレ圧力を最も大きく受けているユーロ圏(ユーロ使用18カ国)と日本が追加扶養をすべき状況に追い込まれれば、米国債の需要はさらに増えるしかないからである。また、FRBの目標値2%を継続に下回っている米国の物価上昇率がより低下することがあるという点でその有価は、FRBの利上げ時期を後ろに遅らせることする可能性も抱えている。原油価格の下落は、このように米国の実体経済と主要国の金融政策決定に複合的に影響を与えることができるという点で、全体的な波長の大きさを計るのは難しい」高次方程式」である。このような中、今週は欧州中央銀行(ECB)の金融政策会議と米国の雇用指標発表という二つの大型イベントも予定されている。4日に行われるECBの会議では、追加刺激策が出ないと予想されるが、来年第1四半期ぐらいと予想されている国債買い入れ実施について、より確実な立場が出てくる可能性があり、注目されている。5日に発表される米国の11月非農業部門新規雇用は10ヶ月連続で20万人以上を記録するしっかりとした増加傾向を示すと予想される。ウォールストリートジャーナル(WSJ)によると、専門家は先月非農業部門雇用者数が22万8千人増え、10月の増加幅である21万4千人を上回ると予想した。失業率は前月と同じ5.8%に維持されると予想した。雇用のほか、今週発表される主要な指標としては、供給管理協会(ISM)の11月の製造業購買担当者指数(PMI、1日)と同じ月非製造業PMI(3日)、10月の貿易収支のような月の工場縁起週(5日)などがある。FRBはは試合評価報告書である「ベージュブック」を3日に発表している。FRBは関係者の中では、スタンレー·フィッシャー副議長とウィリアムダドリー、ニューヨーク連邦準備銀行総裁、チャールズプラットフォームとしてフィラデルフィア連は総裁、ロレッタ、マスタークリーブランド年ガバナー、イスラエルブレーナード理事などが公開演説に出る。


おすすめはこちらDMM証券はスプレッドが狭い!



スポンサーリンク



スポンサーリンク



続けて読んでおきたい

ビクトリーメソッドアドバンスは勝てないのか
ドラゴンストラジーFXの評判


 


関連記事

no image

韓国銀行が作成するコアインフレ率に改善が必要であると主張が提起

韓国銀行が作成するコアインフレ率に改善が必要であると主張が提起された。 パク·ジョンギュ韓国金融研究

記事を読む

no image

消費者物価指数(CPI)上昇率が1%を下回る可能性

日本の銀行(BOJ)は、消費者物価指数(CPI)上昇率が1%を下回る可能性がはるかに大きくなったと評

記事を読む

no image

30産業平均指数は前週比117.11ポイント(0.65%)上がった18,015.95

ニューヨーク証券取引所では、ギリシャと国際債権団の救済交渉に視線が集まった中で、投資心理に圧力を加え

記事を読む

no image

ギリシャが救済金融延長する案を出すという報道

円は、ギリシャが救済金融延長する案を出すという報道が出てきたうえ、米国債の利回りが年中最高値に上昇す

記事を読む

no image

金利先物市場は、9月の利上げの可能性を一週間前の17%から19%へと若干高めの価格に反映

ニューヨーク債券市場の関心は断然28〜29日に開かれる定例連邦公開市場委員会(FOMC)に向けられる

記事を読む

no image

Fed·FRBはの定例連邦公開市場委員会(FOMC)に向けられると予想

今週(15〜19日)、米国債市場の関心は断然、16〜17日に開かれる連邦準備制度(Fed·FRBは)

記事を読む

no image

インターネットモデル事業を本格的に推進すると明らかに

SKテレコムは、低消費電力、長距離通信技術の開発連合体であるローラアライアンスに加入してソムル(小物

記事を読む

no image

1兆1000億ユーロ規模の量的緩和(QE)プログラムに突入

ニューヨーク金価格は、欧州中央銀行(ECB)の量的緩和(QE)の細目が発表された後、ドルがユーロに1

記事を読む

ビルの画像

韓国、資産5兆以上の財閥税務調査資料公開

パク·ウォンソク議員「資産5兆以上の財閥税務調査」資料公開 財閥グループ所属系列会社が2007

記事を読む

no image

FOMCの定例会議の議事録に注目し強さを継続

今週(5〜9日)、米ドルは米連邦準備制度(Fed)の先月連邦公開市場委員会(FOMC)の定例会議の議

記事を読む

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

no image
FXで勝てない人におすすめの教材や副業の内容が凄い

FXを独学で勉強されている方は多いかと思いますが、独学でFXを勉強して

no image
ビクトリーメソッドアドバンスは勝てないのか

「FXで毎月1000pips獲得できたらどんなにいいだろう」。そん

no image
韓国産業銀行の評判はどうなる-非金融子会社91個を3年以内に速やかに売却

韓国産業銀行の評判はどうなる? 産業銀行が政策目的で株式の15%

no image
仕事を引退した後の時間を算出してみた結果

仕事を引退した後の時間を算出してみた結果が出ている。60歳平均余命(現

no image
ユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上

ユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上している。グロ

no image
銀行連合会がマイナス貸出金利を公示

銀行連合会がマイナス貸出金利を公示したが、一ヶ月が過ぎた中で韓国シティ

no image
ドルの対ユーロ高が利益を実現売上

・ドルの対ユーロ高 ニューヨーク金価格は、米ドルがユーロに強気を

→もっと見る

  • ディーエムエム証券は業界ナンバーワン
PAGE TOP ↑