ナスダック総合指数は前週より34.04ポイント(0.68%)上昇

公開日: : 最終更新日:2015/10/09 外国為替情報

ニューヨーク証券取引所では、高流れが示された中で、国内総生産(GDP)など経済指標に関心が集まる見込みだ。先週、ニューヨーク証券取引所は3月、連邦公開市場委員会(FOMC)の定例会議のがハト派的と解釈されドル安の流れを示した追い風に、4週間ぶりに上昇を取り戻した。ニューヨーク証券取引所(NYSE)でダウジョーンズ30産業平均指数は前週比168.62ポイント(0.94%)上昇した18,127.65で終わり、スタンダード·アンド·プアーズ(S&P)500指数は18.83ポイント(0.90%)上がった2,108.10で取引を終えた。ハイテク株中心のナスダック総合指数は前週より34.04ポイント(0.68%)上昇した5,026.42を記録し、2000年3月10日以降、15年ぶりに5,000線の上を終えた。市場参加者は、これまで以上に、米国の経済指標に神経を尖らせている。去る18日出てきたFOMC声明で基準金利の引き上げに「忍耐」を発揮するというフレーズが削除されて金利引き上げの足場が用意された状況で、経済指標は、印象的な時期を計る物差しに評価されるからである。来る27日には第4四半期GDP確定値が発表される。GDPは経済成長を示す代表的な指標で、先月末出てきた第4四半期のGDP成長率(速報)は速報値である2.6%から0.4%ポイント低い2.2%を記録した。市場では、第4四半期のGDP成長率の確定値が2.4%で暫定値で0.2%ポイント上昇するものと予想した。

デイトレで会員が平均月収500万円をたたき出す、マックス村井のトレーダー育成プロジェクトはこちら

インフレ指標である個人消費支出

3月FOMCで代表的なインフレ指標である個人消費支出(PCE)の物価上昇率予想が0.6〜0.8%で、従来1〜1.6%で下方修正されただけの物価関連指標も投資家の注目が集中するものと観測されている。来る24日、米労働省は2月の消費者物価指数(CPI)を公開するために市場の専門家たちは、前月比0.2%上昇すると予想している。1月CPIが前月比0.7%下落するなど、3カ月連続低下、消費者物価が上昇に転じるかが注目されている。GDPとCPIのほか、今週発表される米国の主要経済指標は2月の既存の住宅販売(23日)と2月の新築住宅販売、3月マルケスキットの製造業購買担当者指数(PMI)、1月の住宅価格指数(24日)、2月の耐久財受注、第4四半期の個人所得(25日)、3月マルケスキットサービス業PMI(26日)、3月のミシガン大学消費者態度指数確定値(27日)などがある。一方、 、今週はFedの高位関係者たちの発言が相次いで出てくる予定だ。ロレッタ、マスタークリーブランド連邦準備銀行総裁とスタンレー·フィッシャー副議長、ウィリアムダドリーニューヨーク凧は総裁(23日)、ジョン·ウィリアムズサンフランシスコ凧は総裁、ジェームズブラードセントルイス年ガバナー(24日)、チャールズ·エバンスシカゴ凧は総裁(25日)、デニス·ロックハート·アトランタ凧は総裁(26日)などが演説に出る。ブラード総裁とフィッシャー副議長は、それぞれ26日と27日にも公開席上で発言する計画である。世界銀行は23日の年次カンファレンスを開き、国際通貨基金(IMF)は26日に定例メディアブリーフィングを有する。


おすすめはこちらDMM証券はスプレッドが狭い!



スポンサーリンク



スポンサーリンク



続けて読んでおきたい

ビクトリーメソッドアドバンスは勝てないのか
ドラゴンストラジーFXの評判


 


関連記事

no image

単一の規格に3社のアプリマーケットに便利な登録することができるのが長所

SKプラネット、KT、LGユープラスなどの移動通信3社が共同運営しているアプリケーション(アプリ)マ

記事を読む

no image

不動産金融市場の現状と課題という報告書で

不動産金融の代表的な株式型商品である不動産ファンドとリッツ(REITs)を金融当局から統合管理しなけ

記事を読む

no image

ポジション調整を気に雰囲気浮上も円やユーロに上昇

米国ドルはクリスマス休暇を控えたことによる緩い取引の中にポジション調整を気に雰囲気浮上も円やユーロに

記事を読む

no image

国債価格は雇用指標失望に伴う買いが流入されて大幅に上昇

米国債価格は3月の雇用指標不振に伴う連邦準備制度(Fed)の早期利上げ見通しが弱まり、大幅に上昇した

記事を読む

no image

今年上半期の金価格は1%ほど下落した

ニューヨーク金価格はドルがギリシャの国際通貨基金(IMF)の債務未償還の懸念にユーロに強気を見せて下

記事を読む

no image

成長率速報値が年率2.3%(季節調整値)を示したと発表

ウォール街の専門家たちは、米国の第2四半期(2015年4〜6月)の国内総生産(GDP)が安定した試合

記事を読む

no image

5新興国が時には他の国よりも脆弱性の兆候がより少ない時があると分析

「プレジャ日ファイブ(Fragile Five。5台脆弱通貨)」に分類されている国の通貨が米国の金利

記事を読む

no image

エンパイア・ステート・企業環境の指数が前月の3.9からマイナス( – )14.9に急落

ニューヨーク金価格は、米国経済指標が入り混じった状態を示して上昇した。17 日、ニューヨーク商品取引

記事を読む

no image

消費者物価指数(CPI)上昇率が1%を下回る可能性

日本の銀行(BOJ)は、消費者物価指数(CPI)上昇率が1%を下回る可能性がはるかに大きくなったと評

記事を読む

no image

イランの核交渉期限を控えて

ニューヨーク原油価格は、イランの核交渉期限を控えて、ギリシャ交渉妥結にドルがユーロに強気を見せて下落

記事を読む

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

no image
FXで勝てない人におすすめの教材や副業の内容が凄い

FXを独学で勉強されている方は多いかと思いますが、独学でFXを勉強して

no image
ビクトリーメソッドアドバンスは勝てないのか

「FXで毎月1000pips獲得できたらどんなにいいだろう」。そん

no image
韓国産業銀行の評判はどうなる-非金融子会社91個を3年以内に速やかに売却

韓国産業銀行の評判はどうなる? 産業銀行が政策目的で株式の15%

no image
仕事を引退した後の時間を算出してみた結果

仕事を引退した後の時間を算出してみた結果が出ている。60歳平均余命(現

no image
ユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上

ユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上している。グロ

no image
銀行連合会がマイナス貸出金利を公示

銀行連合会がマイナス貸出金利を公示したが、一ヶ月が過ぎた中で韓国シティ

no image
ドルの対ユーロ高が利益を実現売上

・ドルの対ユーロ高 ニューヨーク金価格は、米ドルがユーロに強気を

→もっと見る

  • ディーエムエム証券は業界ナンバーワン
PAGE TOP ↑