基準金利を従来の0〜0.25%に維持

公開日: : 最終更新日:2015/11/09 外国為替情報

米国連邦準備制度(Fed·FRBの)が29日(米国時間)、雇用市場の進展については、肯定的に評価したが、低物価上昇率については、まだ懸念を示した。 Fedはこの日、 2日間の7月、連邦公開市場委員会(FOMC)の定例会議のを終えてこのような要旨の声明を発表し、基準金利を従来の0〜0.25%に維持した。 ウォールストリートジャーナル(WSJ)は、このような診断がFedが、今年9月、あるいはその後に基準金利を引き上げる可能性が開かれているという意味だと判断した。 Fedは、雇用市場について、先月よりも肯定的に評価した。 今月声明で「労働力の低利用率が減少した」という文句は、先月労働力の低利用率が「やや減った」は、診断より改善された表現というのがWSJの説明である。 Fedはまたここ数か月間、金利の引き上げ前「雇用市場の付加的な改善」を確認ことを望んだと明らかにしたが、この日の声明には、「少しの(some )「その他の成長を望んでフレーズに修正した。

デイトレで会員が平均月収500万円をたたき出す、マックス村井のトレーダー育成プロジェクトはこちら

試合展開が適切に進行されており

WSJはこのような声明の変化がFedの目標に雇用市場の状況がより近接したことを示唆していると診断した。 Fedは、既存の診断のような試合展開が適切に進行されており、消費者の消費が増加して、住宅市場が改善されていることを明示した。 Fedはしかし同時に、物価上昇率が目標値である2%に達していなかったということも一緒に言及した。 ジャネットイェルロンFed議長は、これまで、今年の基準金利印象を断行する方針を複数回明らかにした。 Fedは、今年3回定例会のを残している。次回の会議は9月に開催される。 今月声明で金利引き上げの時期と関連した明確なシグナルは提示されなかった。 Fedが金利引き上げのために主に検討する要因は、完全雇用と物価上昇率2%に達するかどうかだ。 Fedは、これまでの雇用市場の成長が確認され、物価上昇率が2%に帰るという「合理的な確信」が起こるとき、金利の引き上げを断行する方針と明らかにしてきた。 WSJは、米国の失業率が2009年10%から今月5.3%まで下落したが、物価上昇率は3年以上の期間の間、2%に満たずにいると指摘した。


おすすめはこちらDMM証券はスプレッドが狭い!



スポンサーリンク



スポンサーリンク



続けて読んでおきたい

ビクトリーメソッドアドバンスは勝てないのか
ドラゴンストラジーFXの評判


 


関連記事

no image

アメリカドルは少ない取引の中の世界の成長率鈍化の懸念

アメリカドルは少ない取引の中の世界の成長率鈍化の懸念に連邦準備制度(Fed)の早期利上げ見通しが弱ま

記事を読む

no image

世界市場がまだバブルではないがますます近づいている

伝説的な投資家ジェレミー·グレンおまけ(Jeremy Grantham)は、世界がバブルランド(bu

記事を読む

no image

米国経済の成長を毀損するレベルに近接していると判断

アメリカ連邦準備制度(Fed)が8日(米国時間)に公開され、9月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事

記事を読む

no image

Fedの金利引き上げが遅れる可能性について神経を尖らせている

ウォール街の専門家は、最近、原油価格の急激な下落で、連邦準備制度(Fed)の金利引き上げが遅れる可能

記事を読む

no image

国債価格は雇用指標失望に伴う買いが流入されて大幅に上昇

米国債価格は3月の雇用指標不振に伴う連邦準備制度(Fed)の早期利上げ見通しが弱まり、大幅に上昇した

記事を読む

no image

欧州中央銀行の金融政策会議と5日に発表される米国の雇用指標を注目

今週(1〜5日)、ニューヨーク外国為替市場で米ドルは4日に予定され、欧州中央銀行(ECB)の金融政策

記事を読む

no image

超·長期国債の発行が期間スプレッドに及ぼす影響

国債の残存有効期限の目標を設定し、長期国債発行量を決定した場合、金融政策との調和も考慮しなければなら

記事を読む

no image

米国の労働市場の状況指数(LMCI)が夏の鈍化を外れ改善

去る9月、米国の労働市場の状況指数(LMCI)が、夏の鈍化を外れ改善される様子を示した。6日、連邦準

記事を読む

no image

ドルの対ユーロ高が利益を実現売上

・ドルの対ユーロ高 ニューヨーク金価格は、米ドルがユーロに強気を示し下落した。19日のニューヨ

記事を読む

no image

定例連邦公開市場委員会(FOMC)議事録が最大の関心事

今週(18〜22日)、米国債市場では、先月の定例連邦公開市場委員会(FOMC)議事録のジャクソンホー

記事を読む

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

no image
FXで勝てない人におすすめの教材や副業の内容が凄い

FXを独学で勉強されている方は多いかと思いますが、独学でFXを勉強して

no image
ビクトリーメソッドアドバンスは勝てないのか

「FXで毎月1000pips獲得できたらどんなにいいだろう」。そん

no image
韓国産業銀行の評判はどうなる-非金融子会社91個を3年以内に速やかに売却

韓国産業銀行の評判はどうなる? 産業銀行が政策目的で株式の15%

no image
仕事を引退した後の時間を算出してみた結果

仕事を引退した後の時間を算出してみた結果が出ている。60歳平均余命(現

no image
ユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上

ユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上している。グロ

no image
銀行連合会がマイナス貸出金利を公示

銀行連合会がマイナス貸出金利を公示したが、一ヶ月が過ぎた中で韓国シティ

no image
ドルの対ユーロ高が利益を実現売上

・ドルの対ユーロ高 ニューヨーク金価格は、米ドルがユーロに強気を

→もっと見る

  • ディーエムエム証券は業界ナンバーワン
PAGE TOP ↑