イェルロン議長の二ヵ月間沈黙は計算された戦略

公開日: : 最終更新日:2015/11/09 外国為替情報

ジャネット・イエレン米連邦準備制度(Fed・、FRB)議長が二ヶ月目沈黙を守ってきたのは、計算された戦略とCNBCが16日(現地時間)評価した。イェルロン議長は同日、開始されているFRBはの定例連邦公開市場委員会(FOMC)が17日、終わったら記者会見に出る予定だ。今回の記者会見は、彼が63日ぶりに公開席上に登場する場だ。イェルロン議長は去る7月16日、米上院聴聞会に出席し年内基準金利を上げという従来の立場を再確認したバック全く姿を現さなかった。公開講演も一度しておらず、カンザスシティ連邦準備銀行が毎年8月に開催される「ジャクソンホールシンポジウム」にも参加しなかった。イェルロン議長が沈黙で一貫している期間に、市場参加者は、中国を中心に触発された、世界経済の減速懸念や金融市場の不安などを経験した。CNBC はエレン議長が市場に明確なメッセージを与えようとした場合、当然そのことができたことと述べ、 “沈黙が計算されたという点は明確である」と指摘した。

CNBC はこれと関連し、他のFRBは高位関係者が利上げ見通しについて交錯した意見を表明する間イェルロン議長が一言もしていないためには、「代理人同士競わせること教科書的リーダーシップ」と指摘した。このようにすると、最終的には議長である自分は政策決定の柔軟性を確保することができるようになるという説明だ。CNBC はしかし、このような目的の沈黙は、問題がいるとして、市場の一角でイェルロン議長の沈黙を「別の信号」に認識していることを思い出した。イェルロン議長が市場にとって、金利引き上げのための準備をするようにメッセージを与えないことは、すぐに利上げが迫っているしていなかった解釈が出てきているということだ。CNBC はイェルロン議長が市場が予測するバー把握し、市場に不確実性をもたらしている金融バブルを抑制しようとする下心で沈黙を守っをすることもあると分析した。CNBC はイェルロン議長自身もいくつかの決定をすべきか分からなかった可能性もいるとし、この場合、今回のFOMCで利上げが決定される可能性は、滑らか」であると付け加えた。

デイトレで会員が平均月収500万円をたたき出す、マックス村井のトレーダー育成プロジェクトはこちら

ユーロ、競争力の向上

欧州中央銀行(ECB)は、中国人民元と新興国通貨の加重を増やし、米国ドルは下げるなど通貨バスケット調整を介してユーロの価格競争力が高まったと明らかにした。ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は16日(米国時間)ECBが中国と新興国の比重をより増やすと明らかに他の通貨に対してユーロ為替レートのレベルを測定する方法を改善したと報道した。調整の結果は、近年よりユーロの価値がより下落し、世界市場でユーロ圏の価格競争力がさらに向上されたことが分かった。ECB は報告書で「最近の(バスケット)の改善と調整はユーロ圏の貿易国として特に中国を含む新興国の重要性が高まりつつあることを示唆するもの」と説明した。ECB はまた、「ユーロ圏内交易で中央および東ヨーロッパの重要度もヨーロッパの経済統合が熟すものに合わせて増加した」と付け加えた。2010-2012 年の間に、ユーロ圏と38カ国との平均交易比重ベースECBの新たな通貨バスケットは、中国人民元の重みを増やし、米ドルの重みは、削減の結果を生んだ。この期間、中国の人民元の重みは、2007-2009年の14.8%から17.7%に上昇した。一方、ドルの割合は13.5%で12.7%で下し、英国ポンド化そっと減った。ロシア、インドネシア、トルコ、ポーランド、チェコ通貨は重みが増えた。ECB は「改善された重みシステムを使用すると、2010年以降に名目や実質実効側面の両方ユーロの価値下落が以前よりもより顕著になる」と述べた。ECBはまた、「2010年初め以来、ユーロ圏の価格競争力の改善は、ユーロの実質価値の下落を反映したため」とし「これは最近の指標の改善に大きくなった」と述べた。

Fed、金利決定による市場の反応

連邦準備制度(Fed・FRBは)の金利決定に伴う市場の反応がジャネット・イエレンFed議長の発言によって異なりという診断が出てきた。16 日(米国時間)、JPモルガン・チェースのアンソニー・チャンチーフエコノミストは、CNBC放送に出演して「(市場の反応は)私たちがどのようなガイダンスを受けるかにかかっている」と述べ診断した。12 月の基準金利引き上げを予見しているチャンエコノミストは、もしFedが9月基準金利を引き上げていない場合、市場が肯定的に反応するためには、「ファンダメンタルズが改善されている「強力な根拠を示さなければならし金利を引き上げていない」唯一の理由は、米国をはじめとする世界の変動から”でなければならするだろうと診断した。スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)500指数とダウは今週Fed会議が近づくに応じて高い変動性を示した。それぞれの指数は先月5%ずつ下落した。チャンエコノミストは、中国景気の不確実性に伴う非常に高い市場の変動は、基準金利の引き上げを12月遅らせることができる十分な理由になると分析した。続いて、もしFedが今週の基準金利引き上げを発表する場合イェルロン議長が信頼を失う危険にさらされるだろうと述べた。彼は「過去の多くの中央銀行が、自分の位置を変えたり、変えなければならならなかった」とし「このような行動は、信頼性を失うことができる要因である」と述べた。彼は”すべてが考えたときに行うべきだと感じて、Fedが(金融政策)のパスを変えなければならリスクが小さいと考えるとき、「金利を上げなければならと評価した。


おすすめはこちらDMM証券はスプレッドが狭い!



スポンサーリンク



スポンサーリンク



続けて読んでおきたい

ビクトリーメソッドアドバンスは勝てないのか
ドラゴンストラジーFXの評判


 


関連記事

no image

連邦公開市場委員会、ポリシー声明の試運転に乗り出した

ジャネット·イエレン米連邦準備制度(Fed)議長は、半期議会証言で、3月の連邦公開市場委員会(FOM

記事を読む

no image

短期急騰に伴う利益を実現物件が出回ってドルと円が下落

米国ドルは、今週末の4月の非農業部門雇用者結果発表を控えて慎重な取引継続されて円に横ばいを示した。ユ

記事を読む

アメリカドルと円の歴史

為替のドルと円の表示の意味

為替のFX市場の取引が大変な盛り上がりを見せている現在ですが、よくニュースなどで、円高、ドル安などと

記事を読む

no image

ギリシャの債務負担をめぐる債権団との交渉は容易ではないだろう

ヤニス·バル波キスギリシャ新財務長官は30日、アテネでユーログループ議長と会談することがとしながら、

記事を読む

no image

企業の第2四半期の実績と地政学的リスクの悪化

今週(21〜25日)米国株式市場は、企業の第2四半期の実績と地政学的リスクの悪化かどうかに応じて、方

記事を読む

no image

ギリシャはデフォルト(債務不履行)を宣言する直前

「ギリシャは現在リンボー(limbo)を通過しなければならない」シティグループは23日(米国時間)、

記事を読む

no image

中国の消費者物価指数(CPI)は前年同月比2.3%上昇した

中国の6月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比2.3%上昇したと、中国国家統計局が9日、明らかにし

記事を読む

no image

ゲームチェンジャー(game changer)」ではないという診断

第3四半期の米国の国内総生産(GDP)成長率が予想よりも良好に出るに応じて肯定的に評価されたが「ゲー

記事を読む

no image

中央銀行が今年利上げに出てはいけないという立場を再確認

ニューヨーク株式市場でダウジョーンズ30産業平均指数とスタンダード·アンド·プアーズ(S&P)500

記事を読む

no image

国際原油価格の下落で輸入物価が9ヶ月連続で下落

国際原油価格の下落で輸入物価が9ヶ月連続で下落した。輸出物価はドル-ウォン為替レートの上昇の影響で2

記事を読む

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

no image
FXで勝てない人におすすめの教材や副業の内容が凄い

FXを独学で勉強されている方は多いかと思いますが、独学でFXを勉強して

no image
ビクトリーメソッドアドバンスは勝てないのか

「FXで毎月1000pips獲得できたらどんなにいいだろう」。そん

no image
韓国産業銀行の評判はどうなる-非金融子会社91個を3年以内に速やかに売却

韓国産業銀行の評判はどうなる? 産業銀行が政策目的で株式の15%

no image
仕事を引退した後の時間を算出してみた結果

仕事を引退した後の時間を算出してみた結果が出ている。60歳平均余命(現

no image
ユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上

ユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上している。グロ

no image
銀行連合会がマイナス貸出金利を公示

銀行連合会がマイナス貸出金利を公示したが、一ヶ月が過ぎた中で韓国シティ

no image
ドルの対ユーロ高が利益を実現売上

・ドルの対ユーロ高 ニューヨーク金価格は、米ドルがユーロに強気を

→もっと見る

  • ディーエムエム証券は業界ナンバーワン
PAGE TOP ↑