BOA-メリルリンチCIO “通貨政策・企業利益の減少などの懸念”

公開日: : 最終更新日:2015/11/09 外国為替情報

クリストファー・ウルフバンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの最高投資責任者(CIO)は30日(米国時間)投資に最も懸念される要因として金融政策の不確実性と企業利益の減少などを挙げた。ウルフCIOはこの日CNBC放送に出演している最も大きな3つの懸念は、企業の利益の減少と世界の通貨政策の不確実性、残りの2015年と2016年、いくつかの期間の企業の売上高とガイダンス下方調整と説明した。彼は第4四半期が平坦値ないと見えるとう投資家が2015年の最後の四半期に追加リスクを計画すべきでないと述べた。CNBC は、投資家がすでに第3四半期険しい道のりを経てきたと評価した。実際にダウ・ジョーンズ30産業平均指数とスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)500指数は、今年第3四半期にはほぼ9%下落し、2011年第3四半期以降で最も低迷期の成果を記録した。ナスダックは同期間9.4%下落した。ウルフCIOは、株式市場が最近低迷姿で外に助けを与えることができるのは、10月に中国の主要な財政刺激策を発表と評価した。これは、潜在的に、アジアのデフレ転移を防ぐという説明ある。ウルフCIOは、世界金融刺激策の不在から、米国の予算決定まで米国経済が「十分に良い」と評価される時刻を変更する要因が多いと診断された。彼は投資家が追加のリスクを負担する代わりにポートフォリオを改善し、優れた現金流動性と高い信用格付けを持つ米国企業に焦点を合わせなければならないと助言した。ウルフCIOは、数年の間の安倍晋三(安倍晋三)日本首相の日本経済の回復努力にも「構造改革プログラムにかなりの快適さを感じる」と「時間はかかりますが順調に進んでおり、否定的な面ではなく、肯定的な面がはるかに多い」と評価した。

デイトレで会員が平均月収500万円をたたき出す、マックス村井のトレーダー育成プロジェクトはこちら

来年度の世界経済成長速くない

クリスティーヌ・ラガルド国際通貨基金(IMF)総裁は、今年の世界経済が鈍化して、来年も成長が速くないと予想している。ラガルドIMF専務理事は30日(米国時間)のスピーチに前配布した資料で、「世界の景気鈍化を懸念すべき理由がある」と明らかにした。IMF は現在、世界の金融状況に問題の兆候があり、現在の状況が周期的な現象なのか、経済の基礎条件まで悪化しているかどうかを不明確であると診断している。彼は、「困難な状況と複雑な時点である点を確かめる」と述べた。ラガルド総裁は、「米国の基準金利引き上げと中国景気鈍化の見通しが不確実性と高い市場変動を作っている」とし「また、世界貿易の成長の急落と原材料価格の急な下落も原材料輸出国に問題をもたらしている」と強調した。彼は、先進国は経済が小幅改善される程度にとどまって、新興国では、成長率の下落が5年連続で続くことを目撃するだろうと強調した。ラガルド総裁は「世界経済の成長が失望らしく平らでない」とし「中期的な経済成長の見通しは悪化した」と付け加えた。彼は1年前に正確に指摘したよう長期低成長というあまり良くない状況がより近くなったと指摘した。ラガルド総裁は、中国には経済の根本と構造改革を実行していると述べた。世界貿易機関(WTO)はこの日、世界貿易の成長見通しを引き下げた。WTOは世界貿易の成長率が今年2.8%、来年3.9 %に達すると予想している。直前の予測値は、それぞれ3.3%と4%であった。


おすすめはこちらDMM証券はスプレッドが狭い!



スポンサーリンク



スポンサーリンク



続けて読んでおきたい

ビクトリーメソッドアドバンスは勝てないのか
ドラゴンストラジーFXの評判


 


関連記事

no image

ニューヨーク証券取引所は雇用指標ヘッドラインが好調を示した

ニューヨーク金価格は12月に米国の賃金上昇率不振に伴うニューヨーク証券取引所の下落とドル安で安全資産

記事を読む

no image

週末平地風波を招くようなニュースが出なかった

ウォールストリートの専門家は、2日(米国時間)に発表された米国の経済指標が市場の予想にいくつかの及ば

記事を読む

no image

投資家は依然として第1四半期の企業業績が失望を招くことを懸念

ニューヨーク証券取引所での主要な指数は、本格的なキャニオニングシーズンを控えて企業業績が多少不振する

記事を読む

no image

早ければ今年6月に基準金利が引き上げられる可能性を示唆

米国連邦準備制度(Fed)が基準金利の引き上げに「忍耐」を発揮というフレーズを削除した。18日(米国

記事を読む

no image

ニューヨーク外国為替市場でドルは対円でドル= 119.86円を記録

米国ドルは貿易赤字の急増に伴い、連邦準備制度であるFedの最初の利上げ時期の不確実性が増幅されて、円

記事を読む

no image

バーナンキは、あまりにも早い利上げリスク警告

バーナンキ前連邦準備制度(Fed・、FRB)議長が、あまりにも早い利上げの危険性を警告した。5 日(

記事を読む

no image

量的緩和(QE)にユーロが急落するなど市場が揺れた

欧州中央銀行(ECB)が22日(現地時間)に発表した量的緩和(QE)にユーロが急落するなど、市場が揺

記事を読む

no image

ドルは週間雇用指標とシカゴ購買担当者指数(PMI) ​​が好調で円に上昇

ユーロは欧州中央銀行(ECB)の量的緩和(QE)が経済に肯定的な効果を出しているという分析とギリシャ

記事を読む

no image

モトローラ、新作スマートフォン誤って露出

・モトローラ、新作スマートフォン誤って露出 中国レノボの引数として復活を準備中モトローラが発売

記事を読む

no image

アルゼンチンが2001年以来13年ぶりに再デフォルトの危機に瀕した

アルゼンチンが2001年以来13年ぶりに再デフォルト(債務不履行)の危機に瀕したが、大多数のウォール

記事を読む

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

no image
FXで勝てない人におすすめの教材や副業の内容が凄い

FXを独学で勉強されている方は多いかと思いますが、独学でFXを勉強して

no image
ビクトリーメソッドアドバンスは勝てないのか

「FXで毎月1000pips獲得できたらどんなにいいだろう」。そん

no image
韓国産業銀行の評判はどうなる-非金融子会社91個を3年以内に速やかに売却

韓国産業銀行の評判はどうなる? 産業銀行が政策目的で株式の15%

no image
仕事を引退した後の時間を算出してみた結果

仕事を引退した後の時間を算出してみた結果が出ている。60歳平均余命(現

no image
ユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上

ユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上している。グロ

no image
銀行連合会がマイナス貸出金利を公示

銀行連合会がマイナス貸出金利を公示したが、一ヶ月が過ぎた中で韓国シティ

no image
ドルの対ユーロ高が利益を実現売上

・ドルの対ユーロ高 ニューヨーク金価格は、米ドルがユーロに強気を

→もっと見る

  • ディーエムエム証券は業界ナンバーワン
PAGE TOP ↑