雇用指標衝撃…年内利上げ論議加熱

公開日: : 最終更新日:2015/11/09 外国為替情報

下落を見せていた国内企業の景気見通しが今年第4四半期ジンジョンセに入り込むおり、特に済州地域は中国人観光客(ユーカー)の帰還などで急騰した。5 日の商工会議所が最近2 2300余りのメーカーを対象に「第4四半期の企業景気見通し指数(BSI)」の調査を実施した結果、直前四半期より1ポイント落ちた87に集計された。済州島のBSIは42ポイント上昇した132だった。企業景況感を意味するBSIは100以上であれば、今回の四半期より次の四半期に景気が良くなると予想する企業が多く、100未満ならばその反対だ。の上側は「最後の四半期88で9ポイント急落したの景気見通し指数下落が落ち着い局面を迎えているが、まだ景気悪化の見通しが優勢」とし「メールス終息に内需が急速に回復している状況で、中国経済ソフトランディングの可能性、米国の金利引き上げの可能性など、対外要因不安がまだ足首をつかんでいる」と分析した。済州地域の場合、メールス余波で昨年7月の観光客の数が8万人まで減少したが、先月21万人以上に増加し、消費が回復している。また、流入人口の増加と外国人投資に伴う建設景気好況も肯定的な影響を及ぼした。輸出企業BSIは89で、前四半期より2ポイント下落したが、内需企業は87で変動がなかった。ただし、大企業の予測値が76で、中小企業88より落ちた。の上側は「鉄鋼・非鉄金属、機械業種の大企業が否定的展望を主に示した」とし「地政学的なリスクが持続され、輸出計画も減らし捕まえたから」と説明しした。一方、企業は政府に望む政策課題として内需振興を最も多く挙げた企業の資金難解消サポート、規制の改善などを取り上げた。

ドルは雇用指標不振

ドルは雇用指標不振に米国の金利引き上げの議論が加熱されている中で、9月の連邦公開市場委員(FOMC)議事録の公開を警戒する流れをことが見込まれる。連合のポメクス(6411)によると、2日のニューヨーク外国為替市場でドル-円相場は119.90円を記録し、前日のニューヨーク後場価格である119.92円より0.02円下がった。ユーロ-ドルは1.1212ドルで取引され、前日1.1195ドルより0.0017ドル上昇した。16個の主要な通貨に対してドルの価値を示すウォールストリート・ジャーナル(WSJ)ドルインデックスは88.53に下落した。9 月の雇用指標が予想を大幅に下回ってドルの価値を低下させた。米労働省は9月非農業部門雇用が14万2千人(季節調整値)増加したと発表した。これは、マーケットウォッチ調査値20万人の増加を大幅に下回ったものであり、18ヶ月の平均値よりも低いものである。8 月非農業部門雇用も当初17万3千人の増加で13万6千人の増加に下方調整された。9月の失業率は前月と同じ5.1%を示した。揺れる雇用指標で、連邦準備制度(Fed)が年内金利を上げることができるか見通しが分かれてなる ​​ものと思われる。

デイトレで会員が平均月収500万円をたたき出す、マックス村井のトレーダー育成プロジェクトはこちら

一部では、世界経済の減速の影響で、米国経済回復も止まることはないかとFRBはこの来年初めまで金利を上げることは困難と見ている。CME フェドウォッチによると、フェデラルファンドレート(FFR)先物市場は、10月の利上げの可能性を2%に価格に反映している。指標発表前には、14%であった。また、先物市場は、12月の印象の可能性を、従来44%より低くなった29%で価格に反映していることを明らかになった。また、他の一部では、雇用指標不振に過剰反応してはならないと主張している。UBSウェルス・マネジメントアメリカのマイクライアン選任投資戦略家の雇用指標と関連し、世界経済の減速が米国経済に負担となっていることを示したが、米国企業業績に影響を与えるだろうと結論するにはまだ早い時点と分析した。WSJ のジョンヒルセンラス、FRBの専門記者も、米国の雇用市場の回復の可能性を理由に、FRBが年内印象方針を維持すると予想している。これにより、今週の幻視の参加者は、FRB関係者の発言と8日に公開される9月FOMC議事録の内容に触覚を傾けると予想される。ジョン・ウィリアムズサンフランシスコ連邦準備銀行総裁が7日と8日の演説に出て、ジェームズブラードセントルイス凧は総裁とナラヤナコチョラコタミネアポリス凧は総裁は8日、演説に出る。9 日にはデニス・ロックハート・アトランタ総裁とチャールズ・エバンズシカゴ凧は総裁の講演が予定されている。9 日から11日まで開催される国際通貨基金(IMF)・世界銀行(WB)年次総会も注目に値する。各国の中央銀行と政府関係者らが会見する今回の総会で米国の金利引き上げと新興国景気鈍化と関連政策協調が議論されるものと予想される。一方、来る6〜7日には、日本の銀行(BOJ)の金融政策決定会合が開かれる。市場では、BOJが10月末追加緩和に乗り出すことを期待しているが、一部では、今回の会議でびっくり緩和措置を取り出すことができるという期待も出ている。超過ジジュン金利引き下げ案も緩和手段の一つに挙げられた。このほか、6日、オーストラリアの中央銀行(RBA)が、8日ヨンラン銀行(BOE)が政策金利を決定する。


おすすめはこちらDMM証券はスプレッドが狭い!



スポンサーリンク



スポンサーリンク



続けて読んでおきたい

ビクトリーメソッドアドバンスは勝てないのか
ドラゴンストラジーFXの評判


 


関連記事

no image

違法なマネーロンダリングの疑いを暴露して波紋が広がっている

中国国営TVが大型国有銀行の違法なマネーロンダリングの疑いを暴露して波紋が広がっている。 国

記事を読む

no image

国際原油価格が下落の悪循環に陥る可能性

国際原油価格が下落の悪循環に陥る可能性があるとジェフリーグンドゥラフダブルラインの最高経営責任者(C

記事を読む

no image

韓国の秋夕の贈り物セットで健康食品が人気

今年の韓国の秋夕の贈り物セットで健康食品が人気を集めており、これにより、平均購入単価も上がったことが

記事を読む

no image

ニューヨーク証券取引所高と米国の住宅指標が好調で下落

米国債価格は、欧州中央銀行(ECB)の社債買入の可能性に応じたヨーロッパとニューヨーク証券取引所高と

記事を読む

no image

ECBの量的緩和にデフレリスクの低減

欧州中央銀行(ECB)が発表した量的緩和政策にデフレリスクが減少すると、格付け会社フィッチが23日(

記事を読む

no image

5新興国が時には他の国よりも脆弱性の兆候がより少ない時があると分析

「プレジャ日ファイブ(Fragile Five。5台脆弱通貨)」に分類されている国の通貨が米国の金利

記事を読む

ノートパソコンの入力画像

為替ブログ村を利用-上位ランク入りコンテンツで勉強

為替ブログ村というのは、にほんブログ村 為替ブログのランキングです。 にほんブログ村というのは

記事を読む

no image

Fed(連邦準備制度)議長の短期金利の引き上げで上昇

アメリカドルはジャネットイェルロン連邦準備制度(Fed)議長の短期金利の引き上げ時期と関連したヒント

記事を読む

no image

いくつかの経済指標が不振に出てきた中で下落

ニューヨーク証券取引所での主要な指数は、いくつかの経済指標が不振に出てきた中で下落した。指数は取引中

記事を読む

no image

安全資産買いが強化され3日連続で上昇

ニューヨーク金価格は、原油価格の追加急落で、ニューヨークとヨーロッパ市場が下落を見せているに応じて、

記事を読む

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

no image
FXで勝てない人におすすめの教材や副業の内容が凄い

FXを独学で勉強されている方は多いかと思いますが、独学でFXを勉強して

no image
ビクトリーメソッドアドバンスは勝てないのか

「FXで毎月1000pips獲得できたらどんなにいいだろう」。そん

no image
韓国産業銀行の評判はどうなる-非金融子会社91個を3年以内に速やかに売却

韓国産業銀行の評判はどうなる? 産業銀行が政策目的で株式の15%

no image
仕事を引退した後の時間を算出してみた結果

仕事を引退した後の時間を算出してみた結果が出ている。60歳平均余命(現

no image
ユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上

ユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上している。グロ

no image
銀行連合会がマイナス貸出金利を公示

銀行連合会がマイナス貸出金利を公示したが、一ヶ月が過ぎた中で韓国シティ

no image
ドルの対ユーロ高が利益を実現売上

・ドルの対ユーロ高 ニューヨーク金価格は、米ドルがユーロに強気を

→もっと見る

  • ディーエムエム証券は業界ナンバーワン
PAGE TOP ↑