ウォルマートの純利益減少の見通しが株式市場の上昇を一回停滞

公開日: : 最終更新日:2015/12/03 外国為替情報

ウォルマートの純利益減少の見通しが株式市場の上昇を一回停滞している。

ニューヨーク証券取引所は、中国の経済指標とジャネット・イエレン米連邦準備制度(Fed・FRBは)議長のスピーチを注目見通しである。先週の株式市場は、 FRBは来年3月にでも基準金利を引き上げることを期待で3週目で上昇を見せた。米国経済指標の弱体化が継続しながら、FRBはの印象時点が来年6月にでも可能である観測も出ている。企業業績の発表は、証券市場に影響が別だった。米国最大のディスカウントストアであるウォルマートの純利益減少の見通しが株式市場の上昇を一回停滞にしただけだ。

米利上げ時期の遅延期待は世界中のリスク資産への選好度を高めている。9 月後半史上最低値を記録したマレーシアリンギット化、インドネシアルピア、ブラジルレアルなどは先週、今年の最高値を上げた。別名「恐怖指数」と呼ばれるシカゴ・オプション取引所のボラティリティ指数(VIX)も前週17.08からさらに下15.05に終えた。

今週の株式市場は、週明けから中国3四半期の国内総生産(GDP)の発表と向き合う。ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が集計した市場見通しの平均は6.8%増加した。中国の経済がビートル挙げること中国だけの問題ではなく、米国と欧州その他の地域にも景気減速懸念を引き起こす可能性がある。クレジットアグリコルのマークマコーミック外国為替ストラテジスト”世界で最も大きな経済が鈍化することを見れば、危険資産の価値はより高く上がることができない」と述べた。

中国GDPに続いて翌日のスピーチに乗り出すジャネット・イエレンFRBは議長も注目対象である。最近、FRB委員の多くのスピーチは、かえって、FRBを不信にならないという指摘が出ている。イェルロン議長の今回の演説は来る27-28日に開かれる10月、連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて金融政策の方向の育成を聞く最後の機会になるものと見られる。

FRB は高位関係者は、FOMC 1週間前からは、金融政策などの公開発言を控える「ブラックアウト」期間に入る。テクノロジー株、産業州、ヘルスケア、消費財などのデジャンジュが今週の実績を出す。19 日IBM、モルガン・スタンレーなどが、20日ユナイテッドテクノロジーとヤフーなどが、21日ボーイングとコカ・コーラ、eBayは、バイオジェンなどが出てくる。

22 日はキャタピラとアマゾン、アルファベット(グーグル持株会社)、マイクロソフトなどこの、23日プロクター・アンド・ギャンブルとアメリカンエアラインなどが登場する。

アメリカの西海岸の輸出や中国の輸入がすべて減少

ドイチェバンクのデビッド・ビアンコ米国株式市場担当シニアストラテジスト、「企業の利益は今回と次の四半期にも非常に弱いものであり、企業は保守的な業績ガイダンスを出している”とし、 “アメリカの西海岸の輸出や中国の輸入がすべて減少している」と述べた。先週、ニューヨーク株式市場は、前指数が上昇に終えた。3週目上昇だ。

ダウ・ジョーンズ30産業平均指数は一週間0.77%、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)500指数は0.90%上昇した。ナスダック指数は1.16%上昇した。11 月物西部テキサス産原油(WTI )価格は国際エネルギー機関(IEA)が来年も供給優位ザンスが続くと見られて週の間4.8%低下した。

今週の主要な発表およびスピーチ19日イスラエルブレーナード、FRB理事講演、10月全米住宅建設協会(NAHB)住宅市場指数、ジェフリー・ラッカーリッチモンド連邦準備銀行総裁講演、中国第3四半期GDP、中国9月の産業生産、中国9月の固定資産投資、中国9月の小売販売などが予定された。20 日はICSC-ゴールドマン・サックスチェーン・ストアの販売指数、9月の新規住宅着工・住宅着工許可、ジョンソンレッドブック小売販売指数、ウィリアムダドリーニューヨーク凧は総裁のスピーチ、イェルロン、FRB議長のスピーチ、米国石油協会(API)週間石油レポートなどが出てくる。21 日は住宅ローン銀行協会( MBA)週間住宅ローン申請件数、エネルギー情報局(EIA)週間石油在庫が発表される。

22 日には昼間の新規失業保険金請求の刺繍、週間穀物輸出、9月シカゴの凧は国家活動指数(CFNAI)、マリオ・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の記者会見、8月、連邦住宅金融庁(FHFA)住宅価格指数、9月コンファレンスボード(CB)景気先行指数、9月の既存の住宅販売、エネルギー情報局(EIA)週間天然ガス在庫、10月カンザスシティ凧は製造業活動指数、FRBは割引窓口貸出、外国の中央銀行、米国債の保有量などが予定された。23 日はマルキットの製造(PMIビッチ)、中国9月CB景気先行指数などが出てくる。

ウォルマートの純利益減少の見通しが株式市場の上昇を一回停滞したニュースや、他、ニューヨーク株式市場の、前指数が上昇などについて、お伝えしました。


おすすめはこちらDMM証券はスプレッドが狭い!



スポンサーリンク



スポンサーリンク



続けて読んでおきたい

ビクトリーメソッドアドバンスは勝てないのか
ドラゴンストラジーFXの評判


 


関連記事

no image

太陽電池事業に大きな影響を与えることはない

キム·スンヨンハンファグループ会長の長男であるドング·クワン·キムハンファソーラーワン常務が全世界政

記事を読む

no image

堅調な景気回復を強調した中で利上げの可能性を確認

米国ドルは連邦準備制度(Fed)が堅調な景気回復を強調した中で、来年の利上げの可能性を確認することに

記事を読む

no image

世界的なドル高にユーロをはじめとする保有通貨の価値下落

外貨準備高が世界的なドル高にユーロをはじめとする保有通貨の価値下落で三ヶ月連続で減少した。韓国銀行は

記事を読む

no image

ユーロ圏の株式市場が下落を示すに基づいて小幅上昇

ニューヨーク金価格は、米国ドルが安定を見せた中で、ギリシャ懸念常在的に、ユーロ圏の株式市場が下落を示

記事を読む

no image

不確実性の拡大に不安な出発をすると予想

ニューヨーク証券取引所では、米国の経済成長の懸念が広がった中、企業の業績発表に投資家たちの視線が集中

記事を読む

no image

マリオドラキ欧州中央銀行(ECB)総裁が量的緩和政策に乗り出す可能性

マリオドラキ欧州中央銀行(ECB)総裁が量的緩和政策に乗り出す可能性があることを示唆した。ドラ地区ガ

記事を読む

ノートパソコンの入力画像

為替ブログ村を利用-上位ランク入りコンテンツで勉強

為替ブログ村というのは、にほんブログ村 為替ブログのランキングです。 にほんブログ村というのは

記事を読む

no image

ウクライナ、中東事態に伴う地政学的懸念が継続

21日(米国時間)、ニューヨークの金融市場では株価は、ウクライナ、中東事態に伴う地政学的懸念が継続さ

記事を読む

no image

米国の1月の雇用指標に最大の関心が集まる見通し

ニューヨーク債券市場は、ユーロ圏(ユーロの使用19カ国)で流入される金利の低下圧力が続く中、米国の1

記事を読む

no image

モトローラ、新作スマートフォン誤って露出

・モトローラ、新作スマートフォン誤って露出 中国レノボの引数として復活を準備中モトローラが発売

記事を読む

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

no image
FXで勝てない人におすすめの教材や副業の内容が凄い

FXを独学で勉強されている方は多いかと思いますが、独学でFXを勉強して

no image
ビクトリーメソッドアドバンスは勝てないのか

「FXで毎月1000pips獲得できたらどんなにいいだろう」。そん

no image
韓国産業銀行の評判はどうなる-非金融子会社91個を3年以内に速やかに売却

韓国産業銀行の評判はどうなる? 産業銀行が政策目的で株式の15%

no image
仕事を引退した後の時間を算出してみた結果

仕事を引退した後の時間を算出してみた結果が出ている。60歳平均余命(現

no image
ユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上

ユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上している。グロ

no image
銀行連合会がマイナス貸出金利を公示

銀行連合会がマイナス貸出金利を公示したが、一ヶ月が過ぎた中で韓国シティ

no image
ドルの対ユーロ高が利益を実現売上

・ドルの対ユーロ高 ニューヨーク金価格は、米ドルがユーロに強気を

→もっと見る

  • ディーエムエム証券は業界ナンバーワン
PAGE TOP ↑