恐怖指数と呼ばれるシカゴ・オプション取引所

公開日: : 最終更新日:2015/11/09 外国為替情報

ニューヨーク証券取引所は、米国企業の第3四半期の業績が発表されているアーニングシーズンに本格的に入る。先週の株式市場は、米国連邦準備制度( Fed・FRBの)が経済指標の悪化に基準金利を来年に引き上げるしかないだろうという期待に強い上昇を見せた。タカ派 ​​寄りのFRBの委員も、9月の非農業部門雇用指標の悪化に困り果てており、既存の強さでは一歩後退ような発言を出したりもした。別名「恐怖指数」と呼ばれるシカゴ・オプション取引所のボラティリティ指数(VIX )も9営業日連続で降りて、去る8月19日以降、最低の17.08に終えた。今週の株式市場は、企業業績を介して、8月に触発された、中国の景気減速懸念が現実のものとされたかを確認することができる見込みである。一週間前の実績を発表した米国最大のアルミニウム生産メーカーアルコアの業績は市場予想にしばらく及ばなかった。残念な実績のせいにアルコアの株価は急落した。一番最初にJPモルガンが13日の実績発表シーズンの開始を発表する。バンク・オブ・アメリカ(BOA)とウェルズ・ファーゴは14日、ゴールドマン・サックスとシティグループは15日、開場前の実績を出す。金融業界は、8月の金融市場の不安と、FRBのゼロ金利政策継続的に業績見通しが明るくない方だ。このほか、種目には、ジョンソン・アンド・ジョンソンとインテルの実績が13日、ブラックロックとネットフリックスが14日、ユナイテッドヘルスとマテルが15日、ゼネラル・エレクトリック(GE)とハネウェルが16日に登場する。米経済指標も9月の小売販売、9月の産業生産、10月のミシガン大学消費者態度指数、FRBはベージュブックなどが関心を引く。

デイトレで会員が平均月収500万円をたたき出す、マックス村井のトレーダー育成プロジェクトはこちら

FRB委員のスピーチ

FRB委員のスピーチも14日と16日を除いて継続つながる。専門家は、米金利引き上げの遅延期待に危険取引選好現象が拡散しながら、株式が連日上昇して原材料価格と新興国通貨も強気を見せた、中国発景気減速懸念や米国経済のファンダメンタルズなどは以前と変わっていないと指摘した。ペンミューチュアル資産運用のジウ ​​ェイレンポートフォリオマネージングディレクターは、「一部のマネーマネージャーは、最近のリスク取引の増加に伴うリスク資産のラリーに加担していない”としながら”これは、世界中の成長率の改善などの悲観論を維持しているからである」と説明した。一方、中国の株式市場は13日、9月の貿易収支、14日の消費者物価(CPI)と生産者物価(PPI)などの指標発表に影響を受ける余地がある。先週ニューヨーク株式市場は、前指数が上昇に終えた。ダウ・ジョーンズ30産業平均指数は一週間3.72%、S&P 500指数は3.26%上昇した。S&P 500インデックスの先週上げ幅は2014年12月以降、最も高かった。ナスダック指数は2.61%上昇した。11 月物西部テキサス産原油(WTI)の価格は、毎週ベースで9%急騰した49.63ドルで取引を終えた。◇ 今週の主要な発表およびスピーチ12日デニス・ロックハート・アトランタ連邦準備銀行総裁のスピーチ、チャールズ・エバンスシカゴ凧は総裁講演などが予定された。この日は、コロンブスの日、米国債券市場が休場する。13 仕事ラエルブレーナード、FRB理事講演、9月全米自営業連盟(NFIB)小企業楽観指数、ICSC-ゴールドマン・サックスチェーン・ストアの販売指数、ジェームズ・ブラードセントルイス凧は総裁のスピーチ、ジョンソンレッドブック小売販売指数、9月、財務省貸借対照表、9月の中国の貿易収支などが出てくる。14 日は9月に米国の小売り販売、8月の企業在庫、Fedベージュブック、米国石油協会(API)週間石油レポート、9月中国の消費者物価指数(CPI)・生産者物価指数(PPI)が発表される。15 日には昼間の新規失業保険金請求の刺繍、9月の実質所得、9月CPI、10月エンパイアステート製造業指数、10月フィラデルフィア連は、製造業指数、ウィリアムダドリーニューヨーク凧は総裁のスピーチ、ジェームズブラードセントルイス凧は総裁のスピーチ、エネルギー情報局(EIA)週間天然ガス在庫、週間石油在庫、ロレッタマストクリーブランド凧は総裁のスピーチ、Fed割引窓口貸出、外国の中央銀行、米国債の保有量などが予定された。16 日は9月の産業生産・設備稼働率、8月求人・転職レポート(JOLTs)、10月のミシガン大学消費者態度指数(ビッチ)などが出てくる。


おすすめはこちらDMM証券はスプレッドが狭い!



スポンサーリンク



スポンサーリンク



続けて読んでおきたい

ビクトリーメソッドアドバンスは勝てないのか
ドラゴンストラジーFXの評判


 


関連記事

no image

BOA-メリルリンチCIO “通貨政策・企業利益の減少などの懸念”

クリストファー・ウルフバンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの最高投資責任者(CIO)は30日

記事を読む

no image

ジョージ·ソロスが米国証券市場のショットベットを大量に増やした

億万長者の投資家ジョージ·ソロス氏が米国証券市場のショットベットを大量に増やして米国の株式市場の下落

記事を読む

no image

アラブ首長国連邦(UAE)の石油相が生産量凍結

ニューヨーク原油価格は、アラブ首長国連邦(UAE)の石油相が石油輸出国機構(OPEC)の生産量凍結が

記事を読む

no image

一部の金利引き上げの主張に対して強い拒否感を現わした

チェ·ギョンファン経済副首相兼財政経済部長官は、「今は基準金利の引き上げを論じるときか」と一部の金利

記事を読む

no image

サムスン物産と第一毛織合併という大きな山を越えた

サムスン物産と第一毛織合併という大きな山を越えたサムスングループが系列会社間の事業構造再編作業を継続

記事を読む

no image

ポルトガル最大の銀行の主権取引停止のニュースから下落

先週、ポルトガル最大の銀行であるバンコ·エスピリト·サント(以下、BES)の主権取引停止のニュースが

記事を読む

ビル群の画像

為替のブルームバーグとは?

為替のブルームバーグとは、情報端末の名前が有名な会社で、通常、Bloombergのアプリケーションが

記事を読む

no image

ギリシャの交渉が妥結することができるという期待に上昇

ニューヨーク株式市場で、先行指数は、ギリシャの交渉が妥結することができるという期待に上昇した。ナスダ

記事を読む

no image

物価上昇が微弱で今後上がるという根拠も不足

米国債価格は取引不振と失望の入札結果に下落した。ウォールストリートジャーナル(WSJ) -チュルレト

記事を読む

no image

ドルは米連邦準備制度(Fed)の早期利上げ期待に沿った買い

今週(22〜26日)、ニューヨーク外国為替市場でドルは先週、12月、連邦公開市場委員会(FOMC)の

記事を読む

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

no image
FXで勝てない人におすすめの教材や副業の内容が凄い

FXを独学で勉強されている方は多いかと思いますが、独学でFXを勉強して

no image
ビクトリーメソッドアドバンスは勝てないのか

「FXで毎月1000pips獲得できたらどんなにいいだろう」。そん

no image
韓国産業銀行の評判はどうなる-非金融子会社91個を3年以内に速やかに売却

韓国産業銀行の評判はどうなる? 産業銀行が政策目的で株式の15%

no image
仕事を引退した後の時間を算出してみた結果

仕事を引退した後の時間を算出してみた結果が出ている。60歳平均余命(現

no image
ユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上

ユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上している。グロ

no image
銀行連合会がマイナス貸出金利を公示

銀行連合会がマイナス貸出金利を公示したが、一ヶ月が過ぎた中で韓国シティ

no image
ドルの対ユーロ高が利益を実現売上

・ドルの対ユーロ高 ニューヨーク金価格は、米ドルがユーロに強気を

→もっと見る

  • ディーエムエム証券は業界ナンバーワン
PAGE TOP ↑