ユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上

公開日: : 最終更新日:2015/11/23 外国為替情報

ユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上している。グローバル幻視参加者は、米国と日本の通貨政策会議の結果に触覚を傾けることが期待されている。

連邦準備制度(Fed)が今月金利引き上げに乗り出す可能性が少ないという見通しが優勢のうち年内印象かどうかは、市場の最優先興味になる見通しである。

また、市場の予想通り、日本の銀行(BOJ)が今週追加の金融緩和策を取り出すかどうかも関心事だ。週明けドル-円をはじめとする主要通貨はビッグイベント、スタンバイモードに消極的な動きを見せる見通しである。過去23日(米国時間)、米国ドルは米国とユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上され、日本円とユーロなどの主要通貨に一斉に上昇した。中国なども。

また、ユーロ圏・日本・中国など以外にも、連合のポメクス(6411)によると、23日午後遅く、ニューヨーク外国為替市場でドル-円相場は121.47円を記録し、前日のニューヨーク後場価格である120.71円より0.76円上がった。ユーロ-ドル為替レートは0.0092ドル下落した1.1016ドルで取引された。ユーロは一時1.0996ドルまで押されて、去る8月以来初めてで一時1.1100ドルが崩壊した。ユーロはどうなるのだろう。

16個の主要な通貨に対してドルの価値を示すウォールストリートジャーナルドルインデックスは88.67で一週間1.9%上昇した。今週、市場の最大の関心事は、27〜 28日の両日、開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合の結果だ。

フェデラルファンド金利先物市場によると、10月の印象の可能性はわずか6%に過ぎない状況である。事実上の印象期待感がほとんどないわけだ。関心は金利決定自体よりも声明のトーンに集められる。声明がタカ派 ​​的なのかハト派的かによって、年内利上げするかどうかを占うことができるからである。

ユーロ圏・日本・中国などとともに

ジャネット・イエレン議長は年内利上げの意志を強調したが、最近いくつかのFRBは挨拶は懐疑的な立場を明らかに、FRB内部が真剣に分裂しているという解釈さえ出てきた状況である。もう一つのビッグイベントは30日に開かれる日銀の定例金融政策決定会合である。

日本の物価上昇が低レベルを維持して、経済成長率が2四半期連続のマイナスを記録すると予想され、日本の銀行の追加緩和が避けられないというのが市場の観測である。黒田晴彦総裁と日本政府関係者は、現在の問題を追加緩和だけで解くことができない状況だと線を引いてきた。

しかし、ユーロ圏の欧州中央銀行(ECB)の12月の追加緩和がほぼ確実視されている雰囲気と、中国も基準金利・預金準備率の引き下げに積極的な景気浮揚に乗り出した状況だと、日本の銀行の追加緩和圧力は一層強まるものと思われる。中国の人民銀行は23日、基準金利と預金準備率をそれぞれ25bpと50bp引き下げたことがある。

一方、このほか今週注目すべきイベントは、中国の第18期共産党中央委員会第5回全体会議(5中全会)と米国の主要企業の業績を発表します。26日から29日まで開催される5中全会で習近平体制がどのような経済政策を出すのか関心が集中している。また、ユーロや日本、中国以外にも、米国では27日の取引終了後後、アップルが7〜9月実績を発表する。

その有価で業績不振が予想されるエクソンモービル、シェブロンなどの大型のエネルギー会社も、今週四半期成績を発表する予定である。主な指標としては、来る29日に発表された米国の第3四半期の国内総生産速報値、30日に公開されている日本の9月消費者物価指数(CPI)、ユーロ圏10月CPIなどがある。


おすすめはこちらDMM証券はスプレッドが狭い!



スポンサーリンク



スポンサーリンク



続けて読んでおきたい

ビクトリーメソッドアドバンスは勝てないのか
ドラゴンストラジーFXの評判


 


関連記事

no image

米国債の相対的な金利の魅力に伴う海外資金流入の可能性

ニューヨーク債券市場で金利は、米国の雇用指標が好調で、今年半ばに利上げが断行されることが観測が再浮上

記事を読む

no image

円も安全通貨買いが小規模に流入されて落ちた

米国ドルは今年第1四半期、米国の消費支出が上方修正されたことによる景気回復期待にもギリシャの不確実性

記事を読む

no image

中東の変動性が拡大、米国の9月の雇用指標を注目と観測

今週(9月29日〜10月3日)、ニューヨーク証券取引所で投資家は中東の変動性が拡大された中で、米国の

記事を読む

no image

国際原油価格が今後数ヶ月以内に回復するとの期待が大きく

国際原油価格が今後数ヶ月以内に回復するとの期待が大きくなるにつれて、13日(米国時間)ブレント価格が

記事を読む

no image

連合のポメクスによると後場価格である119.07円より0.42円下した

米国ドルは指標好調も低いインフレ率と国債の利回りで円やユーロに下落した。連合のポメクス(6411)に

記事を読む

no image

根本的な経済が歴史的基準よりもかなり弱いレベル

ジャネット·イエレン米連邦準備制度(Fed)議長は27日(米国時間)、金利の引き上げに慎重な立場を堅

記事を読む

no image

ナスダック指数は一時、5100線を越えて急な上昇を見せた

ニューヨーク証券取引所では、主要指数の申告点更新行進が始まった中、米国連邦公開市場委員会(FOMC)

記事を読む

no image

6月の利上げの可能性をどのように示唆するかに注目

ウォール街の専門家たちは、16日(米国時間)、連邦準備制度(Fed)が今週の金融政策会議で、6月の利

記事を読む

no image

国際原油価格の下落で輸入物価が9ヶ月連続で下落

国際原油価格の下落で輸入物価が9ヶ月連続で下落した。輸出物価はドル-ウォン為替レートの上昇の影響で2

記事を読む

no image

マーケットウォッチの調査値0.2%の低下を上回る

ニューヨーク金価格は2月中旬以降最高値を更新したことによる物件もドルの対ユーロ安でガンボハプセを記録

記事を読む

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

no image
FXで勝てない人におすすめの教材や副業の内容が凄い

FXを独学で勉強されている方は多いかと思いますが、独学でFXを勉強して

no image
ビクトリーメソッドアドバンスは勝てないのか

「FXで毎月1000pips獲得できたらどんなにいいだろう」。そん

no image
韓国産業銀行の評判はどうなる-非金融子会社91個を3年以内に速やかに売却

韓国産業銀行の評判はどうなる? 産業銀行が政策目的で株式の15%

no image
仕事を引退した後の時間を算出してみた結果

仕事を引退した後の時間を算出してみた結果が出ている。60歳平均余命(現

no image
ユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上

ユーロ圏・日本・中国など主要国の通貨政策の差別化が再浮上している。グロ

no image
銀行連合会がマイナス貸出金利を公示

銀行連合会がマイナス貸出金利を公示したが、一ヶ月が過ぎた中で韓国シティ

no image
ドルの対ユーロ高が利益を実現売上

・ドルの対ユーロ高 ニューヨーク金価格は、米ドルがユーロに強気を

→もっと見る

  • ディーエムエム証券は業界ナンバーワン
PAGE TOP ↑